メッセージを送る
Wuhan Desheng Biochemical Technology Co., Ltd
Wuhan Desheng Biochemical Technology Co., Ltd
ニュース
家へ / ニュース /

会社ニュース 血液ガス分析の精度を最適化する: 肝素リチウム抗凝固剤の利点と効果

血液ガス分析の精度を最適化する: 肝素リチウム抗凝固剤の利点と効果

2024-07-01
血液ガス分析の精度を最適化する: 肝素リチウム抗凝固剤の利点と効果


臨床医学における重要な診断ツールである血液ガス分析は,患者の呼吸機能,酸塩バランス,電解質レベルを評価する際の代用不可の価値があります.この精密な検出過程で抗凝固剤の選択が決定的であり,ヘパリン リチウム血液ガスの分析において重要な役割を担っています.この記事では,いくつかの側面から血液ガス分析におけるヘパリンリチウムの使用と重要性を詳細に検討します..


ヘパリンリチウムの特性


ヘパリンリチウムは 化学的および物理的な性質が良い化学物質です 導電性は低く 核電荷は少ないし 電子層は少ない血中の成分と反応する可能性が低い第二に,ヘパリンリチウムの抗凝固作用は安定しており,温度とpH値の影響を受けません.ヘパリンリチウムはカルシウムイオン濃度に比較的わずかな影響があります血中のカルシウムイオン濃度を安定させ,血液ガス検出の信頼性を向上させる.

 

血液ガスの分析の重要性


1呼吸機能の評価


肺のガス交換の効率を直接反映する血液ガス分析は,酸素の部分圧力 (PaO2) と二酸化炭素の部分圧力 (PaCO2) の測定により,医師 は,患者 が 低酸素 症候群 や 呼吸 量 の 過剰 な 症候群 を 抱い て いる か は すぐ に 判断 でき ます呼吸器不全やその他の疾患の診断の基礎となる.


2酸塩バランスの監視


血液ガス分析では,体液の酸塩バランスも評価できます.PH値,バイカーボネート (HCO3 ^ -) 濃度,残基 (BE) と他のパラメータ腎機能障害,糖尿病ケトアシドーシス,その他の疾患の治療に不可欠です.


血液ガス分析におけるヘパリンリチウムの使用


1サンプル品質を向上させる


血液ガスサンプルを採取する際に 抗凝固剤としてリチウムヘパリンを加えると 血小板の凝結と赤血球の破裂を予防し 元の状態を維持できます試験結果の真性と再現性を確保するこれは高精度な血液ガス分析の 基礎であり保証でもあります


2リアルタイム分析を推進する


ヘパリン・リチウムの優れた抗凝固剤性能により 採取した血液サンプルを 待たずに 機械で直接分析できます診断時間を大幅に短縮し,急性患者の緊急治療に特に重要ですこれは,ICUや緊急治療室などの急激な環境において特に重要です.


3. 運用の複雑さを減らす


ヘパリンリチウムプリ充電血液採取器の使用は 血液ガス分析の事前処理手順を簡素化し 医療スタッフの作業負担と誤差率を削減します作業効率と精度を向上させる.

 

 

血液ガス分析におけるヘパリンリチウムの利点


1検出の干渉を軽減する:優れた抗凝固剤であるリチウムヘパリンは,血液成分への干渉が最小であることが特徴です.ヘパリンナトリウムと比較して,ヘパリンリチウムは赤血球の形状と膜の整合性にはより少ない影響があります血液ガス分析の結果の正確性を保証します.この低い干渉は,酸素の部分圧を正確に測定するために特に重要です血液ガスパラメータを計算する.


2血液ガス分析では,サンプルが新鮮で血栓がないことが必要です.リチウムヘパリンは血液凝固プロセスを迅速かつ継続的に防ぐことができます.採取された血液サンプルが輸送と分析の前に生化学的特性を変化しないようにこの機能は,緊急事態において信頼性の高い診断データを迅速に入手するために特に重要です.


結論


概要すると,血液ガス分析におけるヘパリンリチウムの適用は,抗凝固作用だけでなく,サンプル安定性を維持する能力にも基づいています.臨床的ニーズと実験室での試験との間の橋渡しとして機能します呼吸器系や酸塩バランス障害の迅速な診断を可能にします.血液ガス分析におけるヘパリンリチウムの応用がより広くなる臨床診断と治療の質と効率の向上に貢献する.


デシェンバイオケミカルは,ヘパリンナトリウムとヘパリンリチウムを製造する専門のメーカーです.イン・ビストロ抗凝固剤2005年に設立されて以来,彼は10年以上豊富な研究とテスト経験を持ち,ヘパリンの品質と有効性を効果的に制御することができます.生産源の製造者は,品質を保証するだけでなく必要な友人は,Deshengの公式サイトで顧客サービスに連絡して注文できます!