メッセージを送る
Wuhan Desheng Biochemical Technology Co., Ltd
Wuhan Desheng Biochemical Technology Co., Ltd
ニュース
家へ / ニュース /

会社ニュース MAOS表示反応剤の衰退の原因の調査

MAOS表示反応剤の衰退の原因の調査

2024-07-08
MAOS表示反応剤の衰退の原因の調査

化学分析と診断試験の分野では,色測定反応剤が重要な役割を果たしています.その中には,新しいタイプのトリンダー反応剤であるMAOSがあります.溶解性が高く,色性能が良くなっているため,広く注目されています.しかし,MAOS反応剤検査の精度に影響するだけでなく,実験操作にも多くの不便をもたらします.この 記事 は,MAOS 反応剤 が 衰えやすい 理由 を 多種 の 観点 から 調べる.

 

1、MAOS反応剤の化学特性


MAOSの完全な名称はN-エチル-N - (2-ヒドロキシ-3-硫プロピル) -3,5-ジメチランリンナトリウム塩で,水溶性の高いアニリンナトリウム塩の衍生物である.これらの物質は酸化後に赤色または黄色い物質を生成しますしかし,MAOS反応剤の化学特性によって,その色が消える傾向も決定される.MAOS分子に簡単に酸化可能なグループがあるため酸素や空気中の他の酸化物質にさらされると,酸化反応が起こり,徐々に色が消える.適切なタイミングで発見し プロセスを中断しないことが重要です.


2、 貯蔵環境の影響


MAOS反応剤の貯蔵環境は,その安定性に大きな影響を与えます.第一に,温度は反応剤の安定性に影響する重要な要因です.過剰な温度 は MAOS 分子 の 酸化 反応 を 加速 するしたがって,MAOS試料を保管する際に,冷や乾燥した環境に置き換えられ,貯蔵中に外部環境の影響を受けないようにする必要があります.さらに,湿度も反応剤の安定性に影響を与える重要な要因です.過度の湿度では,反応剤が湿気を吸収し,凝縮し,その有効性を低下させることがあります.酸化反応を加速させるのですしたがって,MAOS反応剤を保管する際には,高湿度を避けるために環境は乾燥しておく必要があります.


3、 操作中の注意事項


MAOS反応剤の安定性には,保存環境に加えて,操作中の注意事項も重要な影響を与える.指示を厳格に遵守し,適切な濃度を設定する必要があります.過剰な濃度は,反応剤の酸化速度を加速させ,低濃度は,色表現効果に影響を与える可能性があります.汚れや汚染物質による干渉を減らすために,作業環境は清潔で整然としておく必要があります.検知結果に影響を与える化学反応を避けるため,他の化学物質と試料を混ぜることを避けることが推奨されます.MAOS反応剤の安定性も懸念されます試料を開けた後,酸素や空気中の湿度などの要因によって安定性が影響される可能性があるため,開封後できるだけ早く使用する必要があります.長期保存が必要なら適切な保管環境に置く必要があります.


MAOS反応剤が簡単に消える主な理由は,その化学的特性,貯蔵環境,操作中の注意事項,安定性を向上させる効果的な方法の欠如貯蔵環境を最適化し 包装材料を改良し 運用細部に注意を払う必要があります安定性を向上させる効果的な方法を探求するこの方法によってのみ,化学的分析と診断試験におけるMAOS反応剤の正確性と信頼性が保証される.


デシェンが製造するMAOSは,その純度,水溶性,非常に敏感な色表現能力,および製造プロセスで高く評価されています.この製品は純粋な白い結晶粉末の外観を保ちます国内外のユーザーによって愛され,認識されています.ニュー・トリンダーの試料より詳細な情報を得るために,Deshengの公式ウェブサイトを訪問してください.